治療薬は | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

治療薬は

口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。

液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和感を感じないようにできています。効き目はあまり強くありませんが、軽い症状の口内炎や、ほかのタイプの口内炎薬に抵抗のある幼児などは、このような液体タイプのものがよいでしょう。

軟膏タイプは、油が含まれているので、口の中にぬっても唾液や水分を弾き、薬が患部にとどまり取れにくいのが特徴です。長時間にわたって効果が持続するだけではなく、患部を覆ってくれるので、その間にものを食べたり飲んだりしても刺激から保護してくれる面があります。

シールタイプの口内炎治療薬は、軟膏タイプをもっと徹底させたものということができ、患部をしっかりと保護してくれます。薬の成分が唾液に流されたりすることがないので、効き目も持続し効果抜群です。しかし、人によってはシールの質感によって、口のなかに違和感を感じ使用がためらわれる場合もあります。この辺は好みといっていいかもしれません。

口内炎の治療薬には、いずれも2つの成分が含まれています。一つは、「シコンエキス」であり、これは口のなかの粘膜を修復する効果をもっていて、治りを早くしてくれます。もう一つは「グリチルレチン酸」であり、この成分は抗炎症作用をもっていて、口内炎で炎症を起こしている皮膚の腫れを抑えてくれます。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.