さまざまな原因1 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

さまざまな原因@

口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて口内炎になることがあります。最も多いのは、歯を磨いているときに歯茎や、その周りを傷つけてしまうことです。これは口内炎を防ぐ観点からも、また、歯周病の原因にもなりますので、いずれにしても避けなければならないことになってきます。

その他、頬の内側、舌、唇の内側を誤って噛んでしまうこともありますし、欠けた飴や堅い食べ物は口の中や歯肉を傷つけることもあります。これら全ての損傷は、口腔粘膜を痛め口内炎を引き起こす原因になることがあります。

歯磨き剤に含まれる成分の中には、一部の人にとっては口内炎を引き起こす原因物質となることがあります。ノルウェーでのある調査によると、ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)は口内炎の発生につながるという研究結果があります。もし、歯磨き粉が合わなくて口内炎が発生しているという自覚があれば、別のものにするなどしてしばらく様子を見てみるのもよいかもしれません。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.