口臭との関係 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

口臭との関係

口内炎は口腔内が清潔に保たれていなかったり、傷があるときによく発生します。また、唾液が少なくなって乾いているときは、菌が繁殖しやすいので口内炎もできやすくなってしまいます。これらの条件は、実は口臭発生の条件とピッタリ当てはまってしまいます。

必ずしも直接の関連があるわけではありませんが、口臭は自分ではなかなか気づきにくいときもあります。口内炎が出来た人は、口臭が発生しているかもしれないので注意してみてください。

口臭は歯周病でも発生します。歯周病の原因は、加齢によるもの、歯磨きのしすぎ、またはしなさ過ぎなどがありますが、顕著な症状のでていない人も含めると、日本国内の成人全体の約8割がかかっているそうです。歯茎がやせこけて歯がぐらついたり、しまいには抜け落ちてしまったり、意外と怖い病気です。

口臭の原因にもなりますし、また、歯周病になると唾液の分泌がへってさらに口臭や口内炎の発生条件が強化されてしまう悪循環に陥ってしまうこともあります。口腔内を清潔に保つことによって防ぐことができるので、日頃の努力を怠らないことが最も重要です。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.