手足口病 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

手足口病

手足口病は生後6ヶ月ぐらいから、4,5歳ごろに多い病気です。夏風の一種で、通常の風邪のように発熱したりもします。手足口病に独特の症状は、手のひら、足の裏、口の中にできる発疹と水泡です。このために手足口病と呼ばれています。原因は、コクサッキーA群16やエンテロウィルス71などのウィルスへの感染です。一度かかればそのウィルスに対する免疫はできますが、手足口病を起こすウィルスには何種類かあるので、一度かかったからと安心することは禁物です。

手足口病は、3〜6日の潜伏期間のあと、症状が1週間から10日ほど続きます。ほとんどの場合は比較的軽い症状ですが、まれに髄膜炎などの注水神経症状が出て入院しないといけない、という状況になる場合もあります。口の中にできた水泡、口内炎は強い痛みを伴う場合もあります。そのため食欲が落ちてしまう場合もあります。手や足にできた発疹や水泡は、普通かゆみも痛みも伴いません。

ほとんどの口内炎に共通して言えることですが、痛みのために食欲が落ちることがよくあります。そんなときには、熱すぎず、冷たすぎず、また刺激の少ないものを用意してあげましょう。ゼリーやプリンなど口当たりのよい食べやすいものが、おすすめです。また脱水症状を起こさないように、水分の補給には特に気をつけましょう。

手足口病を治す特効薬というものはなく、治療方法は発熱や口内炎の痛みなどそれぞれの症状を和らげるための対症療法が中心になります。口内炎の症状を和らげるためにハチミツを使うことがありますが、ハチミツにはボツリヌス菌が含まれている場合があります。1歳以下のお子さんには使わないようにしましょう。

手足口病の感染は、鼻や唾液、便などを通じて起こります。ですから、手足口病の感染予防法は、オムツを替えたときにはきちんと手を洗うとか、洗濯をこまめにするといったことがあげられます。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.