薬を使って治療 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

薬を使って治療

口内炎の治療方法は色々あります。放っておいても1〜2週間で治ってしまう場合が多いので、口内炎にかかっても特にお医者さんにも行かず、治るまで待つ、という人も多いと思いますが、病院に行って治療を受けたり、薬をもらったりすると、多くの場合それほど時間をかけずに治すことができます。

いくつかある治療方法で一番一般的なのは、薬を使った方法です。薬にも色々ありますが、代表的なのは、うがい薬・軟膏・添付薬それからスプレー剤の4種類です。

うがい薬は口の中を消毒するのに使います。口内炎の原因の多くが、口の中にできた傷などに入り込んだ細菌やウィルスです。うがい薬には消炎作用、消毒作用、抗菌作用などがあります。ですからうがい薬は、口内炎の原因になった細菌を除去する働きをします。

軟膏はクリーム状のものと違って、患部に長い間密着するので、軟膏に含まれている有効成分が、長時間患部に効果を及ぼすことができます。口内炎の範囲が狭い場合には特に効果が出やすい場合が多く、寝る前に軟膏を口内炎に塗って寝たら、翌日起きたときにはほとんど治ってたということもあります。ただ、食べ物や飲み物で流されやすいので、歯磨きなども済ませた寝る直前に使うのが効果的です。

シップなどのように、薬剤のしみこんだシートを患部に貼り付けるのが貼付薬あるいはパッチ薬とよばれるものです。軟膏よりはさらに小さな範囲を標的とし、また皮膚にぴったりと貼りつくので、長時間薬の効果を期待することができます。また、患部をシートで覆うので、外部からの刺激を患部から守る、という働きもしてくれます。

軟膏やパッチ薬は比較的患部の範囲が狭い場合に向いています。でも、口内炎の種類や体調によっては、広い範囲にわたって口内炎ができてしまう場合もあります。そんな時に向いている薬が、スプレータイプの薬剤です。1日に数回患部に噴射して使います。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.