軟膏・貼付剤 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

軟膏・貼付剤

口内炎の治療によく使われる治療薬の一つに、軟膏があげられます。軟膏のいい点は、粘りがあるため患部に密着すること。このため唾液などに流されることなく、患部に長い間留まり、比較的長い時間薬の効果を得ることができます。

軟膏は、口内炎の範囲が狭い場合に、よりその効果が得やすいです。消炎や抗菌効果のあるものなどがあります。副腎皮質ステロイドの含まれているものが一般的で炎症を抑え、痛みを和らげてくれます。ただいくら粘り気があるといっても、食物や唾液に触れると徐々に流れていってしまいます。より長く効果を得るためには、食事や歯磨きを済ませた後、しばらくは口の中にものを入れることがない状況で添付するのがいいでしょう。

また、軟膏を塗る直前に、ティッシュやガーゼなどで患部とその周りをさっとぬぐい、唾液を除いてから軟膏をつけると、さらに長くお薬が患部に留まります。口内炎の治療には清潔さが大切。軟膏をつけるときには、きれいに洗った指か綿棒を使いましょう。

軟膏の中に含まれている薬剤成分以外にも軟膏の利点はあります。それは、口内炎の上に留まって外部の刺激から患部を守ってくれること。食べ物だけでなく、話をしているときには患部に歯があたったり、口内の壁と患部が擦れ合ったりします。患部の上に塗られた軟膏は、そんな刺激を和らげてくれます。

軟膏よりもさらにピンポイントで働いてくれるのが、貼付薬です。貼付薬とは、薬剤の塗られたシートを患部に貼り付けるもの。軟膏よりも患部に密着し、より長い時間薬剤の効果を得られますし、外部の刺激からも患部を守ってくれます。

軟膏も貼付薬も市販でも売られています。病院に行かなくても近くの薬局で買うことができますが、病院で処方されるものの方が効き目が強い場合が多いです。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.